2017年6月27日

明日から中学生は宿泊の行事になるので、しばらくお弁当はお休みに。
お休み前のお弁当はこんな感じ。
b0117257_18261741.jpg

今日は在宅仕事。
昨夜友人に見てもらった原稿のコメントを読み、木曜にする社会言語学の授業の準備。PPTとハンドアウトの確認。マックに入ってるPPTがうまく動かなくて、一苦労。
昼までそれにかかり、午後は非常勤先の上級の授業の準備。コンビニ大手3社の分析比較を課題としている。前回の「がっちりマンデー」がちょうどファミマ特集(サークルKサンクスと経営統合した後ということもあるので)をやっていたので、その録画を見る。コンビニ経営はほんとビジネス日本語をやる上で、参考になる。

夕方からは、本務校の期末試験作成。手違いがあって、ムキーっとなったので、ここで中断。よく仕事した。
[PR]
# by haru-0425 | 2017-06-27 18:15 | Comments(0)

2017年6月26日

b0117257_22404281.jpg

b0117257_22404315.jpg


[PR]
# by haru-0425 | 2017-06-26 22:39 | Comments(0)

2017年6月25日

久々のブログ更新。
エキサイトブログを開けてみると、雰囲気がまるで変わっていたので、びっくり。

以下はいつも楽しみに見ている、早稲田大の大久保先生のブログ。
小林麻央さんのブログについて触れ、ブログの役割について書かれています。
隠れている自分を見つめるために、そして日々の生活に輪郭を与えるために。
ツイッターやフェイスブックとは違う、ブログの役割について考えてみるのも、面白い。

昨日は、車を買い替えて約半年。走っているうちに走行距離1000キロを超えました。
その記念↓
b0117257_06121336.jpg
向かったのは、辻堂の湘南モール。
そこのラーメンを息子が食べたがったので。そして有隣堂などですこし買い物。
ここの有隣堂はなかなか品揃えが豊富で、1時間いても飽きない。
b0117257_06121352.jpg
夕方から早稲田大で研究仲間との話し合い。
前回(2週間前)話し合いを終えた後、空腹でフラフラになったので、今日はメンバー分のお菓子を買っていったら、みんな同じことを考えていたらしく、いろいろお菓子が集まってきました。カラフルなキューブのお菓子はSさんから。それぞれ味が異なる(ライムやマンゴーなどの味)マシュマロ。とっても美味しかった!ごちそうさまでした。

b0117257_06121482.jpg
チームでの研究の話し合いは、なかなか充実したものでした。
これを手掛かりに、自分の研究も進めたいと思っています。


[PR]
# by haru-0425 | 2017-06-25 06:11 | 日常 | Comments(0)

2017年5月11日

とおにGWは終わってしまい、悲しいかな日常が再開してしまった。
このGW明けの瞬間は、ほんとに私ってこんなに仕事が嫌いだったのかと再認識(錯覚かもしれないけど)するくらい、憂鬱な月曜日。研究日と称して家でのんびりしたくとも、非常勤先の同僚と打ち合わせというなの忖度をしに?(笑)出勤した火曜日。そして、プレゼンテーションの準備にITスキルが一律ではないために、あっちの学生にはこのアドレスにデータ送って、こっちの学生にはこのUSBにデータ入れてと、てんやわんやの指示を出し、80人収容の大教室での授業をこなし、へっとへとの水曜日。

だけどちょっとはGWについて振り返ってみる。
3日、有明で開催された憲法集会というのに、初参加してみた。
9条を変える意義がどこにあるのかわからん改憲主張に疑問を呈するための集会だと思って。
ここでこのような集会なり、デモなりに参加しなければ、私の「9条を守りたい」私の気持ちを消してしまうような気がして。
ただ、ここに足を運ぶまでは、決してすっきりした気分なわけではない。
こんな集会に参加してても、結局は一強に想いは踏みにじられるのではないか、
私一人がこのような会に参加しても、意味はないのではないか、
そんな気持ちを抱きながら、会場に足を運ぶ。
b0117257_22482220.jpg


↑このような人たちが、ステージに立ってました。
b0117257_22482266.jpg


広島の佐々木禎子さんの甥っ子さんで、世界各地で平和活動をしているという方、ユキヒロさんという沖縄の歌手、野党各党首、その他、ピーコさん、落合恵子さんなどなど、改憲反対、9条改正反対という立場の人たちの熱い想いを聞いてきた。

だけどやっぱりすっきりしない。
どうして年配の人ばっかり集まっているのか。
少なくとも私と同世代の人たちは少ない。ネット上で、主張を叫んでいてもそれでは姿は見えない。若い人に、集会やデモに参加してほしい。本当にそう思う。

私の周りには、子どもLOVEの人たちが多い。安倍政権に反対の意思を示している人たちも多い。
でも、それは態度で示さなくちゃ。ネット上だけではだめ。
心の中だけではだめ。
戦争を体験したくらいの年配の人たちは集まっているのに、今まさに子どもを産み、育てている当事者である若い年代の人たちが、こうした集会に参加できないのには、歯がゆい想いがする。
[PR]
# by haru-0425 | 2017-05-10 22:47 | 日常 | Comments(0)

2017年4月22日

風邪をひきました。
鼻水に効き、くしゃみに効き、かつ即効性のあるものをください。
とのわがままを薬局でのたまわって、薬剤師さんに懇切丁寧に薬の効用をしてもらい。
巡り合ったのがこの漢方薬。
b0117257_23561849.jpg


すごい名前だな。
でもすごい名前の割には、なかなか効果が現れません。
つまり、今も鼻垂れ状態。くしゃみが出そうで出ない、出そうで出ない、やっと出た、そんな感じ。
鼻腔が完全に何者かに乗っ取られた、感。

早稲田大学にて、友人たちと、研究活動についての話し合いの場を設けてきました。
6人の共同研究者たちに共通する研究テーマ、研究の手法をもとに、日本語教育の現段階における問題点にアプローチしていくか、そんなプロジェクトが、今日、発足。
みずみずしく、躍動感に溢れる共同研究者と一緒に、研究活動を進めようとするこの瞬間のトキメキが好き。ここがたまらない。結果や議論云々よりも、研究者の喜びはきっとここにある。
b0117257_23561955.jpg


早稲田の並木道。
私はこの場所が好き。立教大学ならすずかけの道。
春には鮮やかな緑。
秋には金色に輝きながら舞い落ちる葉っぱたち。
[PR]
# by haru-0425 | 2017-04-22 23:55 | Comments(0)

2017年4月21日

新年度が始まって2週間が経った。
春休みは息子に持たせるお弁当を作り、新学期からはそれに変わって娘のお弁当が再開。毎日になると(しかも部活があるので日曜日も作る…)本当にしんどい。
でも、この春から料理好きでそっちの方向で活躍している高校時代の友人がインスタグラムを初めて、お弁当記録をしているのに合わせて、私も毎日お弁当の写真を記録するようにした。すると、見栄えのいい、素敵な手作り弁当を作りたくなる。できれば冷凍食品ではないお弁当を作りたくなる。勝手なもんなのだけれど。

とりあえず、以下はスマホに残っているお弁当記録写真。
4月12日。
b0117257_18153794.jpg


ちょっととんで、昨日、4月20日。
b0117257_18153769.jpg


今日、4月21日。
b0117257_18153883.jpg



今日職場の、普段足を踏み入れない研究ゾーンに行く用事があっていってみたら、廊下にこのようなポスターが貼られていた。
b0117257_18153952.jpg


iMacスケルトン。
これが流行った時、私は大学院の修士課程に行っていた。大学院の先輩が、iMacを買ったと喜んでいたのを覚えている。もう20年も経つんだ。スケルトンブームってのもあったなあ。
今のMac(これもMac book airで書いている)から見たら、ぽってりしていて、場所をとる。そもそもデスクトップのPCって、すごく場所を取っていたし。
ああ、なんかぷ時時間旅行をした気になった。

風邪をひいています。昨日、喉に違和感があり、今日になって風邪特有のくしゃみが出てきた。鼻水も出てきた。明日、勉強会でプチ発表しなくちゃならないのに。
[PR]
# by haru-0425 | 2017-04-21 18:13 | Comments(0)

2017年3月12日

このところ、しょっちゅう車を運転する夢を見る。
それも、ブレーキを踏んでも踏んでも、車が動いてしまう夢。

なぜそんな夢を見るのか、理由は二つ。
一つはRAV4からVOXYに買い換えて、ボディの大きさのあまり、運転するのもおっくうになっているということ。ちょっとそこまで、の運転がなくなり、毎度毎度、頑張って運転しなくちゃという気分になり、ならば歩いていけばいいや、地下鉄に乗っていけばいいや、的になってしまう。自然とハンドルから遠のいてしまう。

もう一つはハンドブレーキがなくなり、フットブレーキに変わったこと。
b0117257_21331842.jpg

ここになにもなくなり、くいっと引っ張るものがない。あのハンドブレーキは、車を止める重要なアクションとして頭の中にプログラミングされていた。その動作がなくなったから、車をきちんと停めてる感が浸透してなく、夢に現れているのだと思う。足ではやっていたとしても。

ハンドブレーキのくいという動作は、運転している私を顕示するものでもある。
私は、バックで車庫入れする時、顔を窓から出して後ろを見ながら、片手でハンドルを回すのが好き。運転している自分に酔いしれているといってもいい。はっきり言って、萌えている。
ハンドブレーキも、運転している私というアイデンティティを楽しめていた一瞬だったのかもしれない。
それがなくなって、寝ている時に、運転を楽しめてないのでは?という気持ちが不吉な夢となって現れているのかもしれない。

夢はほんとに不思議。
心を見透かされている。
[PR]
# by haru-0425 | 2017-03-12 21:39 | 好きなこと | Comments(0)

2017年2月24日

明日学会に参加するので、大阪に滞在。
b0117257_23573517.jpg

これと、
b0117257_23573672.jpg

これを持っていく。

行きの新幹線はプレミアムフライデーだとかの影響?込み込み。
隣には東京から乗ってきた親子(母と娘2人)。お姉さんは年長ぐらい?下は1歳前後?
こんなこと書くと、子育て世代に不理解なオバさん世代!と非難轟々になるだろうけど、赤ちゃんの雄叫びが頭痛を増幅させる。いやいや、この時間に新幹線に乗らなくてもいいじゃん…
育児ママに冷たいと思われそうだけど、やっぱりうるさいものはうるさい。その気持ちは蹴飛ばされるの?

大阪の御堂筋線に乗ったら、一気に大阪モード。確かに大阪のアイデンティティがそこにはある。
b0117257_00034834.jpg

新大阪駅の千成びょうたん。
「なんで持って帰ったんだーーー!!!」
[PR]
# by haru-0425 | 2017-02-24 23:49 | Comments(0)

2017年2月17日

佐藤さとる先生が亡くなった。

ということが、今日報じられた。

そのニュースを知ったのは、Yahooニュースで。真っ先に誰かとこの思いを共有したいと思った。

私は佐藤さとる先生の作品をくまなく読んでいるわけではない。「だれも知らない小さな国」を読んで、あとはちょこちょこ、ぐらい。でも、「だれも知らない小さな国」は私の成長期に「何か」を残している。
それは形にはっきり残された影響というものではなく、血液の中の一滴に反映されたものに過ぎなくても、「佐藤さとるの世界」が映し出されているような気がする。

小さな人たちは私たちの身近にいる。

そういうファンタジーは、だれでも小さい頃に持っていたと思う。でもそれを肯定し続けて大人になる人はどれだけいるんだろうか。そういう気持ちが日々の生活に磨耗されて、消されていくのだとしたら、それがされなかった佐藤さとる先生はやはりすごいと思う。
私も、そういう感覚を少しは磨耗されずに成長したいと思った。結果的にそうではなかったのかもしれないけど。

少なからず、佐藤さとる先生は、私の生きかたに「何か」を残した。地元を愛する力、とか。
目を閉じていた部分に、「目を向けてもいいんだよ」と優しい言葉をかけていただいた気分。読書は、作家と読者のそういう対話が言語化されない部分で交わされるコミュニケーションの場だと思う。
もう一人、私の人生に大きな影響を与えてくれた三浦綾子さんの生きた旭川の街を歩いて、そう感じた。

明日から、佐藤さとる先生が少し生活の場とした、そして三浦綾子さんが生きた、北海道に向かう。

今は鬼籍に入ってしまった人たちが生きた場に、自分が赴く。ことばにならない部分で、自分が何を感じるのか、メモで残していけたら、と思う。
[PR]
# by haru-0425 | 2017-02-17 23:52 | 読書 | Comments(0)

2017年2月4日

ある意味、コミュニケーションが研究の範疇にあるというのに、
実生活ではコミュニケーションが苦手だ。
自分のことを自慢したい相手の言葉に感情を振り回されたり、ちょっとした言葉にぐさっときたり、
反対に相手に優しい言葉の一つもかけてやれなkったり、
気の利いた褒め言葉をいうのもこそばゆくて、躊躇しまったりしている。

無我夢中の授業繁茂期と比べて、授業が終わった今の時期、
口頭による他の人とのやりとりは、最小限に抑えよう。
下手なことして、余計な一言を発して、後で悶々と考えるのも気持ちが疲れる。
めんどくさい。
[PR]
# by haru-0425 | 2017-02-04 22:41 | 日常 | Comments(0)